イベント

2019.06.08
菖蒲湯祭り
6月4日に弊社の会社の裏にある「長谷部神社」で毎年恒例の菖蒲湯祭りを開催しました。
能登の穴水にも長谷部神社があり(神社としての歴史は穴水の方が古い)、長谷部信連公を神として祀っております。
だいぶ省略しますが、長谷部信連公は平安・鎌倉時代の武士で天皇陛下の命を救ったことが特に有名です。それらの功績から初め能登の地頭職、そして後に江沼郡の領地を加増されました。そしてここ山中温泉を見つけ、温泉地として再興したという事で当地にはとてもご縁の深い方です。
 菖蒲は尚武(しょうぶ:武道などを大切なものと考えること)と同じ読みということから災厄を払うものとして、町の公衆浴場(総湯)に菖蒲を入れたり、家の玄関に飾ったりします。その菖蒲を配るイベントとして菖蒲湯祭りとあります。お隣山代温泉ではもっと派手にやっていますが、山中温泉では静かに配っていて、そのにぎやかしを私達町内が受け持って、設営をはじめ、うどんや焼き鳥、ビールなどを販売しています。
自分もこどもの頃によく遊んだ場所で、毎年菖蒲湯祭りをやる度に色々と思い出がよみがえってきます。水をせき止めて怒られたり、神社の裏に友達と秘密基地を勝手に作って怒られたり、怒られてばかりやけど、楽しい記憶。他の人達も一緒みたいで、スキー台作ってジャンプしてた!とかいう思い出話をしながらの楽しい準備。神社のように一見土地を有効活用していないように見えるけど、その余裕ってのがやっぱり大切だな。
 酒も一緒で、酔わなくても生きていけるけれど、酔っ払って、わっしょいして、嫌なこと忘れて、そんな中でご縁もできて...やっぱり酒っていいなあ。
 なんて無理矢理酒とつなげて締めさせていただきますww